LAUXESのSRS(性別適合手術・性転換)病院のご案内

MtF手術のご案内 ヤンヒー病院

MtF性転換手術について(男性から女性へ)

ヤンヒー病院のMtF手術内容をご説明します。
執刀医はMtF手術の世界的な権威のDr.グリチャート医学博士を中心に整形外科医、内科医、 産婦人科医など約4~5名で手術が行われます。
MtFの性適合手術(性転換)は基本的に1度で終了します。

  • 本サイトの料金には、タイへ渡航し性別適合手術(性転換手術)を受け帰国するまでにかかる必要な費用すべてが含まれております。
    ⇒料金についての詳細はこちらをご覧下さい
  • ペインフリーをご利用の際は、別途現地でご精算3,000THB(バーツ)(約10,000~11,000円程度)していただきます。
    ※為替レートにより多少前後します
    ペインフリーとは

本サイトの価格表は標準参考価格となります。
弊社ではお客様一人ひとりのご要望に可能な限り柔軟できめ細やかな対応を心がけておりますので、価格面につきましても是非お気軽にお問い合わせください。

 

ヤンヒー病院手術説明

《必要書類》

  • 推薦状
  • 18歳以上から性別適合手術(性転換手術)は可能ですが、未成年(18歳~20歳)の場合、親権者の手術に対する同意書・親権者の現地同行が必要です。
※ 持病のある方は、事前検査が必要となり、別途、追加料金が必要となります。
※ タイ現地で精神科医による診察も必要となります。

Sex Reassignment Surgery(性別適合手術)プランA

11泊12日入院・3週間滞在
陰茎睾丸切除陰核・大陰・小陰唇・陰茎反転陰嚢使用膣形成

MTF 性転換手術 ペニス反転法

「ペニス反転法」
ペニスの皮膚を反転させて使用する性別適合手術(SRS)方法です。
ペニスの皮膚や陰嚢の一部分も含め内壁として移植し、腹腔内に女性の膣となる空間を作ります。
使用する皮膚は脱毛処理を行い、女性器の陰核となる部分は元々の亀頭部分の一部を縮小し形成いたします。

顕微鏡下でのマイクロサージェリー手術により感覚を残し、小陰唇は陰嚢等の組織を転用します。

他の術式に比べ出血も少なめで、比較的リスクの少ない手術方法です。

  • 弊社でのペニス反転法を用いた性別適合手術は14泊15日の入院予定ですが、医師の判断により入院期間が延長する場合がございます。
  • 術式が変わる場合がございますので、お申し込みの際に写真をお送りください。

Sex Reassignment Surgery(性別適合手術)プランA-2

11泊12日入院・3週間滞在
陰茎、陰嚢が去勢やホルモンにより畏縮しており、他部位の皮膚を用いての造膣する術式

MTF 性転換手術 陰茎、陰嚢が去勢やホルモンにより畏縮しており、他部位の皮膚を用いての造膣する術式

こちらもペニス反転法での術式になりますが、陰茎、陰嚢が去勢や長期のホルモン療法により畏縮したため、使用する皮膚が不足した場合は腹部の皮膚を用いて造膣することが可能です。

どちらの術式になるかは担当医師の判断によりますので、事前に陰茎、陰嚢部分のわかりやすい画像を提出していただきます。

  • 術式が変わる場合がございますので、お申し込みの際に写真をお送りください。

Sex Reassignment Surgery(性別適合手術)プランB

11泊12日入院・3週間滞在
S字結腸使用陰茎睾丸切除陰核・大陰唇・小陰唇・陰茎反転

MTF 性転換手術 S字結腸使用陰茎睾丸切除陰核・大陰唇・小陰唇・陰茎反転

「S状結腸形成術」
既に睾丸を摘出されている方や、長期間の女性ホルモン投与により陰茎の長さや睾丸の皮膚が足りない場合がございます。
また包茎手術等により量が不足する場合もございます。

このような場合は、S状結腸形成術による性別適合手術(SRS)となります。
術式としましては下腹部を開腹し、小腸と大腸を繋いでいるS状結腸を10cm前後切り取り造膣に使用いたします。
個人差がございますが傷跡は術後10日程度で目立たなくなり、1年経過しますと縫合痕が残る程度に回復いたします。

ペニス反転法に比べると腸が細菌を吸収しやすいため常に清潔に保つ必要がございます。
特に性交渉を行う場合は十分なケアが必要となります。
ダイレーションが比較的容易ですので、近年人気が高まっております。

弊社でのS状結腸形成術による性適合手術は、14泊15日の入院ですが医師の判断により入院期間を延長する場合がございます。

S状結腸使用再造膣術及び膣口縮小術

11泊12日入院・3週間滞在 
S字結腸使用

MTF 性転換手術 S状結腸使用再造膣術及び膣口縮小術

以前行った性転換手術により十分な奥行きが確保出来なかった方、萎縮により性交渉が難しくなった方はS状結腸を使用することにより、再造膣術手術を行うことができます。
また、膣口縮小術もございます。