お客様の声

お客様体験記

CUSTOMERS TESTIMONIALS

新条の自力でSRS体験記

 新条の自力でSRS体験記 その7

この度、タイのヤンヒーホスピタルで胸と子宮・卵巣の除去手術を受けました。
出発から術後の経過を記録していきたいと思います。

3月19日(土)タイ滞在6日目・手術後4日目

いよいよヤンヒー病院を退院する時が来ました。
朝はやくに精算しにこられ、ペインフリー代と電話代を払うため、セーフティーボックスに預けた貴重品を出してもらいます。
(※現在は、各部屋にセーフティーボックスが完備されています2008.01.15現在)
預けるときもそうだったとのことでしたが、必ず経理の人間と本人と看護婦立会いの元で受け渡しは行われ、本人と看護婦の両方のサインがあって完了するシステムになっているようです。結構しっかりしたシステムですよね。

金額も金種事に計算して記入され、パスポートやその他も全て細かく記入するシステムです。
精算も終え、迎えに来てくれた同僚と共に帰り支度を始めたのですが、ここでものすごい下痢が始まります。
下痢というかもう水しか出ないぐらいの状態で、医者に言ったほうが良いのではないかと言われても入院が長引いても困ります。とにかく出し切るだけ出し切ればどうにかなると思いそのまま退院しました。

タクシーでホテルに向かいます。
結構すいてる道路を選んで飛ばしてくれているのですが、体調万全でない自分にとっては結構長い距離に感じます。 同僚と会話したくともなかなか出来る状態ではありません。
車内のクーラーが効いてるのは心地良いのですが、風が当たってる部分が不快でしょうがない。

なんとなく視界が白っぽくなってきたなぁ~っ

というところでやっと到着。
もっとかかってたら本当にやばかったかも。
とにかくチェックインして、昼時ということもありますので食事をすることに。
私はおかゆを頼んだのですが、

ん~全く入りません。

しょうゆをかけてみたり、うめぼしを食べてみても入る気配がないので諦めました。
この後、同僚は出かける予定があるとのことで、現地在住のライターさんと一緒に出かけて行きました。

さすがに4時ごろになるともう限界ならしく、横になることに。
お腹を壊してることもあり体力が続かないようです。

夜になって同僚が戻ってきたので、いっしょに夕食を取りました。
この時はたくさんは食べれないけれど結構食べることが出来ました。
明日の朝6時のフライトで3時過ぎには出なければいけないのに、同僚はまだこれから出かけるとの事。
ん~タフですねぇ。
私は調子が悪いので寝てていいとのことですが、考えてみたら
寝ちゃったらカギを開ける人がいない!
と思い、がんばって起きていました。

夜中に帰ってきて、残る私に必要なメモや物を準備してくれて、残ったお金なども置いて3時過ぎ頃バタバタと出かけていきました。

本当にギリギリのギリギリまでお疲れ様でした。

お問合せ・お申込み・お見積り

CONTACT

03-6457-7776
12:00~17:00 (日曜・水曜定休)
※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、終息するまでの期間は営業時間・定休日を一時変更とさせていただいております。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
フォームによるご連絡はこちら
お問合せお申込みお見積り